【公演情報】ときめく夏~東京交響楽団 with 中国のライジングスターズ~

国際コンクールで異彩を放った中国の新星たちが待望の来日!飯森範親&東京交響楽団と初共演!
19世紀ロマン派の傑作、心躍る青春のコンチェルトをお届けします!

【公演情報】
ときめく夏~東京交響楽団 with 中国のライジングスターズ~
公演日:2022年7月19日(火)
開場:17:30 開演:18:30
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

【出演者情報】
指揮:飯森範親
管弦楽:東京交響楽団
ソリスト:饒灝(ラオ・ハオ)、李拉(リ・ラ)、孫楡桐(ソン・ユトン)

【プログラム】
・饒灝(ラオ・ハオ)/サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
・孫楡桐(ソン・ユトン) /ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
・李拉(リ・ラ)/ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104

【発売情報】
2022年1月29日(土)一般発売開始
全席指定/税込 [ ]カッコ内は学生料金
S席¥7,000[5000]
A席¥6,000[4000]
B席¥4,000[3000]
C席¥3,000[2000] 
学生料金は、25歳以下の学生の方が対象となります。公演当日に学生証をお持ちください。

【各種プレイガイド】
ミューザ川崎シンフォニーホール
チケットぴあ
イープラス

ローソンチケット

【主催】
株式会社揚帆起航
株式会社セレクトリンクス

【後援】
音楽のまち・かわさき
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

【お問い合わせ】
株式会社揚帆起航 お問い合わせフォーム https://newvoyage.jp/contact/
もしくは公式Twitter/公式InstagramのDMで@newvoyage_japan

【ソリスト紹介】
饒灝(ラオ・ハオ)、2004年生まれ、湖南省吉首市出身のピアニスト。8歳から星海音楽学院(広州市)ピアノ科准教授李穂栄(Vivian Li)博士に師事、現在は同学院付属中学高校3年在学中。2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールファイナリスト。

李拉(リ・ラ)、2002年生まれ、中国杭州市出身のチェリスト。現在はドイツのクロンベルク・アカデミーにて、チェリストのFrans Helmerson氏に師事。2014年若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールチェロ部門史上最年少で優勝。

孫楡桐(ソン・ユトン)、1995年生まれ、中国天津市出身のピアニスト。現在はアメリカのニューイングランド音楽院演奏家コースにて、アレクサンダー・コルサンティア教授とダン・タイ・ソン氏に師事。2012年ハエン賞国際ピアノコンクール史上最年少で優勝、2018年サンタンデール国際ピアノコンクール第2位。